セキュリティ対策

操作制限ができるのがメリット

メール配信を利用するときに注意したいポイントがセキュリティ面に関することです。ASP型のメール配信サービスでは、しっかりしたセキュリティ対策が施されています。内部の情報が外部に漏洩しないために、オペレータ毎に設定を調整できるのが特徴です。例えば、更新できるデータベースを制限したりメールの作成も限定できます。誰がどのような操作に権限を持つのか設定をしておけば、誤操作により情報漏洩対策を行えるのがメリットです。また、個人情報をオペレータ毎に隠すことができる機能もあります。企業では多くの方が働いているので、人が多いと人的ミスが起こる危険性も上がります。メール配信の操作制限は社員の多い企業にとっては理想的なサービス内容です。

ログイン制限やSSL通信対応

ASP型のメール配信はインターネットにアクセスして操作を行います。その際ログインをする必要があるので、パスワードやIDが必要です。ログインをするときにはログイン制限をすることができます。IPアドレスにより制限でき、特定の方のみがアクセスできる環境を構築可能です。サービスによってはクライアントPCそのものに認証設定をできるものもあります。他にも、インターネット上にあるASP型メール配信システムにアクセスするときにはSSL通信により情報を暗号化しています。データのやり取りをしているときに、作業を盗み見される心配もありません。ASP型は安心して利用できる環境が整っている優れたメール配信システムです。安全性を考慮するのならASP型のメール配信がおすすめです。

© Copyright Your Email Campaign. All Rights Reserved.