オンプレミス型

オンプレミス型のメール配信とは

メール配信を利用して企業が情報配信することは、もはや一般的な手法です。メール配信システムは大きく分けて二つに分けることができます。ひとつがネットワークに接続してメール配信を行うクラウド型で、もうひとつが自社にサーバーを置いてメール配信を行うオンプレミス型です。クラウド型は、メール配信サービスを行う業者が提供したアプリケーションおよびサーバーを利用してメール配信を行っています。データや配信に必要となるサーバーはすべて業者にあります。一方でオンプレミス型は、サーバーを自社に設置したうえで、自社のパソコンにサービスをインストールしてメール配信を行います。サービスを利用するにあたって必要となる設備などを整えねばならず、ある程度の知識と技術も必要です。

オンプレミス型のメリット

オンプレミス型のメール配信は、自社にサーバーを置き、知識と技術を必要とすることから、クラウド型よりも不便に感じられますが、メリットも多くあります。オンプレミス型のメール配信のメリットのひとつは、セキュリティが高いということです。オンプレミス型のメール配信は、クラウドを解せずメール配信を行うため、データが外部で管理されることはありません。情報漏洩の心配が少ないです。自社にサーバーがあるので強固なセキュリティを構築することも容易です。また、カスタマイズ性が高いこともメリットといえます。既存システムとの連携をすることが容易で、現場の声をすぐに反映させることができます。定期的にバージョンアップすることもできて、常に快適な環境でメール配信をすることができるということがメリットです。

メール配信APIではメールの配信数を制限している場合があります。そのため、自らのメール配信の規模を把握したうえで、システムを選択することが必要です。

© Copyright Your Email Campaign. All Rights Reserved.